忍者ブログ
 
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




日本舞踊 ブログランキングへ

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

群馬県高崎市 ブログランキングへ
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 舞踊・日本舞踊へ にほんブログ村 和の暮らしへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
3月9日、貫前神社において行われた小笠原流蟇目の儀(ひきめのぎ)、大的式(おおまとしき)を見てきました。最近弓道にはまっている亭主に誘われました。

 亭主に着物を着ていくか聞いてみたら寒いから嫌だというので、私もジーンズでいきました。
亭主はジーンズにインパネス。「洋服に着てもいいんですね、私も持っているんですよ」なんて声をかけてくるおじさまもいらっしゃいました。
 蟇目の儀、大的式 が行われるのは仮殿敷地、貫前神社では12年ごとに式年遷宮が行われるのだそうで、新たなお宮を立てるのではなく、引っ越し中に大掃除をするそうです。
仮殿敷地に周りにはいくつかお宮があり、一番目を引いたのがこの長屋になった建物です。各戸に表札があり、熱田神宮や日吉神社、浅間神社などたくさんのお宮の分社になっていました。(二十二社と言うそうです)
「おお、長田神社がある!」
亭主は神戸の生まれなので懐かしかったようです。

 他にも由来の説明も表札?も無い建物がいくつか。猿の彫り物のたくさんあるのはきっと日吉神社じゃないかと想像できたのですが、奥にあるおなじ作りの二つの神社はなんだかわかりませんでした。亭主は「きっと名前を言ってはいけない封印の神様だ」なんて言ってました。
 後で調べてみたら猿の方は日吉さんではなく日枝神社、二つの名無しは伊勢神宮の内宮と外宮でした。


 貫先神社は変わった所に立っていて、鳥居まで上ってさらにぐっと下った所が本殿です。本殿ではご祈祷が行われていました。みなさん鎌倉武士のような格好でかっこいい。


本殿から鳥居にむかって階段を上っていよいよ蟇目の儀です。
弓道では肩肌脱ぎは左なんですね。袂をつるに絡ませないための肩肌脱ぎなんですね。日本舞踊ではほとんど右肩を脱ぐのでちょっとびっくり。
蟇目というのは鏑矢のことだそうでこの赤い部分が蟇目だそうです。鏑矢の音は土笛を吹いたような「ホウ」という感じの音でした。もっと「ぶーーん」というのを想像していました。


 この後大、的式というのがあるのですが、私は脳貧血みたいになって横になってしまい、見ていないのでした。本殿から階段を上った時ちょっと気持ちが悪かったので、疲れているのかも。ちなみに鏑矢の音を聞いてなんか祓われてしまったとかいう厨二病みたいなことではありません。たぶん。

 


日本舞踊 ブログランキングへ

ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

群馬県高崎市 ブログランキングへ
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 舞踊・日本舞踊へ にほんブログ村 和の暮らしへ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
群馬県渋川市で日本舞踊教室をしている若柳秋爽の日誌です。
           
プロフィール
HN:
秋爽
性別:
非公開
ブログ内検索
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ランキング
最新コメント
[09/09 まい]
最新トラックバック
バーコード
お問い合わせはこちらから
忍者ブログ [PR]


Designed by Pepe